スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

小倉~広島~川崎 編

ご無沙汰しておりました

スタッフKです。前回更新したのが7月でしたので、約5ヶ月ぶりのブログです
前回の更新後、ちょこちょこ出張はありましたが、何だか書くタイミングを逃してしまい・・・・・。
今回からはもうサボったりしませんゴメンナサイ。




今回は、12月の6.7.8日の3日間をかけて、西の方に行って来ました



6日は、移動の日でした

福島から羽田空港へ。そして、北九州空港へ。
約5時間の旅でした


P1080103.jpg バスの中からの風景です。 瀬戸内海

北九州空港からバスに乗り、小倉へ。
着いたのは夕方でした


・・・1日目、終了です




2日目は、九州の玄関口でもある 福岡県北九州市小倉 の物件の調査に行ってきました。
小倉は初でしたが、とても楽しい町でした

今回設計をする物件が、『リバーウォーク北九州』という大型複合商業施設でした
P1080121.jpg すごく、不思議な建物です

全部で5つの建物で構成されていて、それぞれが自然的な形・自然そのものをモチーフにしているそうです。
内部も外観も見ていてすごく勉強になりました


しかし、建物より驚くことがありました。
それは
P1080120.jpg分かりますか 隣にお城があることを

リバーウォーク北九州を一歩出ると、そこはすぐ 『小倉城』 でした。
近代的な建物の横に、すぐお城がある風景・・・。あたしは初めて見ました

そんな小倉城。次の現場調査のアポまで7時間もある
是非とも見学しない訳にはいきません。私の出張ライフが始まって、初の観光です
なんと、いつも一緒に出張へ行っている 社長・藤倉も初の観光です。( 何年も出張ライフですが、時間が無く出来なかったそうです..... )





P1080112.jpg キレイなお城です石垣に歴史を感じます

P1080113.jpg お城の廻りの水堀です。


P1080119.jpg 屋根にいた『しゃちほこ』です。カワイイです

P1080115.jpg お城の横にあるお寺への入口です。


内部は写真撮影禁止だったので、残念ながらありません。小倉の歴史が紹介されていました。




小倉城は、誰が建てたのか??

『小倉城の歴史は、戦国末期(1569年)、中国地方の毛利氏が現在の地に城を築いたことから始まります。その後、高橋鑑種(たかはし かんしゅ)や毛利勝信(もうり かつのぶ)が居城し、関ヶ原合戦の功労で入国した細川忠興(ほそかわ ただおき)によって、1602年に本格的に築城が始まり約七年の歳月を要しました。』

との事をネットで調べて見ました。もっと詳しく知りたい方は、 小倉城 で検索してみて下さい






その後は、広島へ


もっと書きたいですが、あまりにも長くなってしまうので...........。

次回は、 広島~川崎編 です


STUDIO KAZE のWebサイトはこちらです!
http://www.studiokaze.com/

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。